女の人

環境のことを考えたエアパス工法で建てる家|人気の住宅を知ろう

良い物件を購入する方法

室内

先着順で申し込み受け付ける大阪の分譲地は、インターネットからのアプローチも可能です。インターネットを利用すれば、いち早く申し込みが出来ます。区画ごとに複数の業者が販売を手掛けているのが、こちらの分譲地です。分譲の情報は、不動産業者や配信メールから得られます。

もっと読む

新築の戸建てが大人気

一軒家

寝屋川市では、新築一戸建てを購入する家庭が増えています。新築一戸建てはマンションのように壁一枚隔てた向こうに隣家があるわけではないので音に気をつける必要がありません。そして、最新設備を導入することが出来るので、快適で便利な生活を送れるというのも人気理由です。

もっと読む

環境に優しく快適な住宅

家

室内温度を保つ

エアパス工法はできるだけ自然のエネルギーを活用することにより、夏は涼しく冬は暖かく保てる家として人気があります。これは冷暖房費の節約になり、温室効果ガスの排出削減にも繋がります。自然エネルギーというと太陽光発電を思い浮かべる方も多いでしょうが、エアパス工法はソーラーパネルや配線を使わず、空気の流れだけで室内温度を保つのが特徴です。パッシブソーラーハウスとも呼ばれるエアパス工法は、より環境に優しい形で快適な生活を実現することができます。冬暖かい家としては高気密・高断熱住宅も挙げられますが、空気がこもって結露しやすいことや、夏は暑いことがデメリットです。エアパス工法は外張り断熱で、屋内の通気を確保しています。

通気層で空気を循環

エアパス工法は内壁と外壁の間に、空気が通る層を作っておくのが特徴です。この通気層は床下換気口と小屋裏換気口に繋がっていて、建物内を絶えず空気が循環しているため、結露を防ぐことができます。夏は換気口を開け放つことで、熱気が上昇し小屋裏から抜けるとともに、夜間の冷気が土間コンクリートに蓄えられます。また冬は換気口を閉じ、太陽光で暖められた空気を屋内に循環させます。建物内部の温度が均一に保たれるため、北側のトイレやキッチンだけが寒くなることも避けられます。空気の流れがあるため開放感が味わえるとともに、結露しにくいので建物の寿命を延ばすことにも繋がります。四季のある日本に適した、自然と共生する断熱住宅と言えるでしょう。

人気の神戸エリアの一つ

つみき

関西地区の人気の新築一戸建てエリアはいくつか存在しますが、神戸地区もその一つになっています。宝塚市はその一部になっています。歌劇団の存在など知らない人がいないエリアですが、南部の高級住宅街のイメージが強くなっている特長があります。

もっと読む